Pontaポイントがたまる、つかえる、出産祝い専門通販サイト

出産祝いのベストなタイミング

ラッピングについて

出産祝いのマナー 〜 出産祝いを贈るタイミングと時期の目安

出産祝いを贈るタイミングと時期の目安

【時期の目安】出産後1週間〜1カ月までに贈りましょう

会って直接お渡しする場合

おうちへ伺う場合は、産後2・3週間以降にしましょう。
前もって都合を聞いて、ママに無理をさせないように配慮できるといいですね。
伺った際も、長居は避けて、短い時間でお祝いの気持ちを伝えましょう。
また、生まれたばかりの赤ちゃんは病気に対する耐性が低いので、自分が風邪をひいている時は、遠慮しましょう。

出産祝いを配送する場合

お祝いは通常、持参して渡すのがマナーと言われますが、出産祝いは配送しても失礼にはあたりません。
病院の退院後、ママと赤ちゃんは一カ月程度実家へ帰っていることもあるので、
「出産祝いを贈りたいのだけど、いつ自宅に戻ってくる?」とメールなどで確認し、届く日付と場所に配慮できると良いですね。

【産後すぐのお見舞い】

出産後、1週間〜10日は入院するのが一般的です。
病院では、携帯電話を見られる場所が限られていたり、病室に電話がないことも多いので、
よほど親しい仲であるか、ママから「来てね」と誘われたのでなければ、お見舞いへ伺うのは避けた方がベター。
母子の体調などが落ち着いて退院してからのほうがよいでしょう。
一刻も早くお祝いしたい!という場合は、 祝電を打って気持ちを伝えてから、
改めて出産祝いを贈る、という方法もあります。

【遅れてしまったときは?】

たとえ遅れたとしても、お祝いの気持ちをお伝えし、嬉しくない人はいません。
遅れたお詫びと心からのお祝いの言葉を添えて、少し先に使えるものをお贈りするのがよいでしょう。

お探しの条件では商品が見つかりませんでした。